クセ毛・パーマ《髪質改善士》青森市人気美容室COCO【金枝俊平】

パーマ と 縮毛矯正 どちらを 先 にかけるべきか?

1188 views
約 25 分


✦すぐに予約をする✦
✦このメディア関連✦

こんにちは。

浦安美容室【XELVE(シェルヴ)
フリーランス美容師
Webプログラマー

金枝(かなえだ)です^ ^

■ボタンクリックで移動します■

※ご予約・当メディアライター金枝情報は
■こちらをクリック■

↓その他情報についてはこちら↓

■ 【初めて】 の方へ ■
■LINE予約は【一番】有利です■
■あなたに合う予約方法はコレ■


あなたはパーマをかけていますか?

それともストレート(縮毛矯正)をかけていますか??

中には

ストレート(縮毛矯正)もパーマも
どっちもかけている

という人もいるはずです。

その方法には


ストレートカール

という技術があるので

これでパーマもストレート(縮毛矯正)

一気にかけることが出来ます。

でもこんな考えもあるはずです。

一気にかけるんじゃなくて
どっちか片方
をかけてから
後日片方をかける

という技術の分割をする人もいるはずです^ ^

その時にちょっと考えてしまうのが

パーマかストレート(縮毛矯正)
先にかける
としたら
どっちが先の方が良い
のかな?

って。

結果的に話すと

ストレート(縮毛矯正)を先にかけた方が良い

です。

この部分に関しては

必ず

と言っておきます。

なぜストレート(縮毛矯正)
先にかけないとならないのか

あなたには分かりますか??







この記事を読み終えた時に
理解できることとは??

あなたがこの記事を読み終えた時には

 ストレート(縮毛矯正)がなぜ先なのか分かる

 パーマが先だと《緩くなる理由》が分かる

 パーマとストレート(縮毛矯正)同時が良いことが分かる


とこの事実が分かるはずです。

パーマとカラーを
同時
にかける方がいい?

とこの部分だけを見てしまうと

こう思ってしまいますよね。

実際に一緒にかけると多分こう思うはず。

施術時間が長くて
疲れそう…。

確かにそう思ってしまうかもしれません。

ストレート(縮毛矯正)をやるにしても

パーマをやるにしても

美容室に実際にいる時間は
結構長くなってしまう

から。

でもなぜ一緒の方が良いと言えるのか

あなたには分かりますか?

一番に言えることが

髪への負担

なんです。

その真相に関しては

この記事を読み終わった際に理解できているはず。


一体どういうことなのか

早速見ていきましょう^ ^







このような質問メールが届きました

ストレート(縮毛矯正)とパーマって

どっちが先

なのかはよくお客さんからも質問されることで

多い質問でもあるんですが

先日こんな質問メールが届きました。


※画像クリックで拡大します

ブログを見て
質問したい事があります。

私自身くせ毛で、
すっと縮毛矯正をしていましたが、
ここ2年くらいは
かけずにいました。
金枝さんのブログを見て、
ぜひかけてみたいなと思いました。
ですが、今パーマをかけて
みたいなとも思っています。

ここで質問なんですが、
縮毛矯正とパーマは
どちらを先にかけるべき

でしょうか??

お忙しいと思いますが
ご返信よろしくお願いします!

わざわざお問い合わせありがとうございました^ ^






目次に戻る



パーマとストレート(縮毛矯正)って
どちらをにかけるべき?

この部分に関しては冒頭にも話したように

かけるなら
ストレート(縮毛矯正)
が先!

という事実には変わりはないです。

でもあなた自身ここで疑問が出るはずです。

なんで
ストレート(縮毛矯正)を先に
かけないといけないのかな?

って。

美容師がただ単に

先にかけるとしたら
ストレート(縮毛矯正)
が絶対です!

と言っているわけではないんですよね。

パーマよりもストレート(縮毛矯正)
先にかけないといけない理由

があるんです。

その理由が分かる事で

あなたもストレート(縮毛矯正)を先にかける方法を取るはずです。






目次に戻る



ストレート(縮毛矯正)とパーマとで
共通する事とは??

まずは

パーマとストレート(縮毛矯正)の共通点

を知ることが必要です。

あなたは

パーマとストレート(縮毛矯正)の共通点

はどんなものがあると思いますか??

少し考えてみてください。































考えてみました??

パーマとストレート(縮毛矯正)の共通点って

実は単純で

髪の形を変える

というのが共通点なんですよね^ ^

画像で見てみれば分かりますが

例えばパーマは

↑このように

まっすぐなものに
カールを与える施術

ですね^ ^

対してストレート(縮毛矯正)

↑このように

クセをまっすぐに
伸ばす
施術

です。

画像のままですがどちらの施術も

髪の形を変化させるもの

ですよね?^ ^

これが共通点です。

形を変えるということは…?



パーマとストレート(縮毛矯正)
ほぼ同じ薬を使っている

形を変えるということは

パーマとストレート(縮毛矯正)には

ほぼ同じと言ってもいい薬

を使っています。

もしあなたがパーマやストレート(縮毛矯正)

かけたことがあるなら

もう体験しているはずです。



パーマの場合

パーマの施術をまず振り返ってみましょう。

以前にも


↑こちらの記事にも書きましたが

①ワインディング

②1液塗布

③チェック

④中間処理

⑤2液塗布


というのが

パーマの工程

になります。



ストレート(縮毛矯正)の場合

対してストレート(縮毛矯正)の場合なんですが

少し簡単に書きますね^ ^


①1液塗布

②チェック

③中間処理

④アイロン

⑤2液処理


というのが簡単にですが

ストレート(縮毛矯正)の工程になります。




とここまで見て

ストレート(縮毛矯正)とパーマの
共通施術

が分かりましたよね??

それが

1液・2液塗布

という部分なんです。

この部分が一緒だからこそ

ストレート(縮毛矯正)を先にかける必要がある

んですよね。






目次に戻る



ストレート(縮毛矯正)を先にかける真相

とここまで説明してきましたが

なんでストレート(縮毛矯正)
先にかける必要があるのか
いまいち掴めない…

と思っているかもしれませんね。

この場合は

パーマを先にかけた場合

を考えた方が早いかもしれません。



もしパーマを先にかけてしまうと…?

あなたが最初に

パーマをかけたとします。

そして後日

ストレート(縮毛矯正)をかけよう!

と思って美容室に行きますよね。

その時に美容師さんに

前回かけたパーマの部分は
外して
かけてください!

と注文するはずです。

当たり前ですね(笑)

前回かけたパーマの位置は

↑黄色枠の部分なので

ストレート(縮毛矯正)をかけたい部位は

パーマをかけていない
黄色矢印部分

になるはずです。

なので当然のようにストレート(縮毛矯正)の薬は

パーマを外した
根元のみ

しかつけません。

全然これだと問題がないんじゃん?

と一見思ってしまうはずです。

でもこの次の工程が

問題

なんですよね。

その次の工程は■上記■でも確認しましたが

流し

です。

この工程が一番危ないんですよね。

流すだけでしょ?

そう思うかもしれません。

でもよくよく考えてみてください。

この流す時って主に

根元の薬が付いている部分

ですよね?

でも必ず流し終えた時って

↑このように

全体が濡れていませんか??

そうなんです。

根元だけを流すのは不可能

なんです。

何が言いたいかというと

根元を流す際に1液が
毛先にも付いてしまう

んです。

ここまで話せば分かりますよね?

ストレート(縮毛矯正)1液が毛先について
パーマが緩くなってしまう

というのが

ストレート(縮毛矯正)を先にかける必要
がある真相

なんです。

この部分に関してはよく僕自身

注意喚起

を促しています。




注意喚起を促す内容とは?

もちろんパーマがかかっている状態で

ストレート(縮毛矯正)を変える時に

前回のパーマは担当していない

という事象もしょっちゅうあります。

その場合は

ある注意喚起

をしています。



今日はストレート(縮毛矯正)
お願いします!
ストレート(縮毛矯正)ですね!
毛先までかけますか?
毛先は
パーマをかけたばかり
なので根元だけお願いします!
かけたばかりだったんですね。
いつパーマをかけたんですか?
かけたのは
1週間前
です!
そうだったんですね。
ではストレート(縮毛矯正)をかけるに当たって
1つ注意すること
があるんですが
パーマが少し緩くなる可能性
があるかもしれませんが
ご了承願いますか?




とこのように注意喚起しています。

ストレート(縮毛矯正)の工程中に
緩くなる可能性

を伝えないと仕上がりを見て

パーマが緩くなってるし…

とびっくりしないためです。

もちろん細心の注意を払って

パーマが取れないように処理をしますが

絶対に取れないようには
正直出来ない

ので。

もし完全に取れないようにするには

その方法

が実際にはあるんですが

ベタベタが取りきれない恐れ

があるので推奨はしていないです。






目次に戻る



ストレートカール
をおすすめする理由とは?

冒頭でもお話したように

ストレート(縮毛矯正)とパーマをやりたい場合

僕の場合は


ストレートカール

をおすすめしています。

それは何故なのか説明しますね^ ^



《ストレートカールおすすめ理由①》
パーマが緩くなる可能性がない

まずはじめに言えることが

パーマが緩くなる可能性がないから

です^ ^

ストレートカールをする場合

必ず先行はストレート(縮毛矯正)

だからです。

ちょっと僕のやり方は変わっていますが

ストレートの薬剤を先につける
ことには変わりない

のでパーマが取れる心配に関しては

本当に心配しなくても大丈夫

と言えます。




《ストレートカールおすすめ理由②》
美容室に行く回数が減る

一度ストレート(縮毛矯正)をかけてから

次にパーマをかけに行くとなると

あなた自身こう思いませんか?

パーマをかけに行ける
予定が立てづらい
かもしれない…

って。

確かに現代人であれば

予定に追われている傾向

というのが否めないですからね。

もしかすると

ストレート(縮毛矯正)をかけに行けたのも

ようやく予定が空いた

からかもしれません。

そう考えると

一気に全て出来た方がいい

と思ってもしまうはずです。

今後の予定のことを考えるなら断然

ストレートカール

がおすすめです^ ^




《ストレートカールおすすめ理由③》
コストが断然おトク

ウソ?
ストレートカールって高くない?

こう思ってしまうはずです。

あなたもそう思いませんか??

ストレートカールの相場って

25,000〜30,000

くらいですからね。

確かに高いんですが

パーマとストレートの別々の料金

を考えてみてください。

最初のストレートに関しては

15,000〜20,000

が相場のはず。

そして次にかけるパーマに関しては

種類にもよりますが

10,000〜15,000

くらいが相場なはずです。

こう考えてみると

別々にやった方が
若干値段が上がる

んですよね。

別々にすると

経済的に悪い可能性

があります。

その辺が考慮されているのが

ストレートカール
(パーマとストレートのセットメニュー)

なんです^ ^




ストレートカール自身

ちゃんと考えて作られている

ので実際には

経済的にも
デザイン的にも

優しいメニュー

なんですよね^ ^






目次に戻る



なぜストレート(縮毛矯正)が先か分かりましたね。

もしかするとこのブログの内容が分かる前に

なんでストレート(縮毛矯正)かけると
パーマがゆるくなる
んだろう?

と悩んでいたかもしれません。

実際の真相は

ストレートの薬がパーマ部分について
緩くなってしまっている

というのが原因です。

なので同時にやる場合は

ストレート(縮毛矯正)を先にやる

もしくは

ストレート(縮毛矯正)とパーマを
一緒にかけてしまう

のが原因解決になります。

もしあなたが今からかける予定なら

考慮してみてくださいね




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

まっすぐにするだけで良いの?

どうせなら【オシャレ】にまっすぐにしない?
ストレート(縮毛矯正)繰り返すならコレ
✦記事上部に戻る✦

このままパーマかけて大丈夫?

クセが強いならパーマ危険かも
まずは傷みを改善するべきかも
✦記事上部に戻る✦

《キーワードで関連記事検索》

《Blog All Menu》

【メディアライター】

金枝 俊平
表参道某有名店店長を経て青森に帰省。

・パーマはこの世で一番楽なスタイル
・クセ毛は楽しむもの
・髪でその日の1日のモチベーションが変わる

自身も《自分の髪質にずっと悩み続けて来た》からこそ
この格言を元に美容師として15年以上働き続ける。
指名客の多くは
【クセ毛】【パーマがかかったことのない】
悩みを抱えた人が多い。

遠方からも多くの人が金枝に担当してもらうために来訪。

アシスタントを使わず時短で驚異的な個人成績
メディア月刊BOBより、個人特集をプロモート。

※月刊BOB2017年5月号に金枝掲載

現在サロンでプレイヤーをしつつ美容業問わず外部セミナー講師として活躍中。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE

《Kanaeda’s Social Media》